2014年12月アーカイブ

2015年も外交・安保分野では様々な事件が起きるだろうが、引き続きお付き合い願いたい。今後一年はアベノミクスと日本外交にとって正念場となる。日本経済再生の議論はエコノミストや専門家にお任せし、今週は2015年の外交・安保を展望しつつ、いわゆる戦争関連「記念日」について考えてみたい。 細かい… 全文を読む
遂に2014年の第51週目がやってきた。今年もあと9日しかないのか。長いようで短い一年だった。読者の皆さんは如何だったか。さて、今週筆者が一番注目したのは北朝鮮の米国映画企業に対するサイバー攻撃の行方だ。驚くなかれ、今回はオバマ大統領まで出てきて大騒ぎとなったが、この点については後ほど詳し… 全文を読む
今週は17-18日に欧州理事会が開かれ、EU各国の首脳がブラッセルに集まるという。今年の締めくくりということか。同時期に、相変わらずイタリアでは労働組合のストライキが続く見込みだ。どうやら、今週も欧州情勢は異常なしである。キリスト教圏ではもうクリスマスモードに入っているからだ。 ところが、… 全文を読む
今週も欧州ではEUの会合、特に閣僚級会合が目白押しだ。これが終わればクリスマス休暇なのだろう。同時期、イタリアでは9日に裁判官と郵便局職員が、11-12日に某鉄道会社の貨物部門と旅客部門が、13-14日には全鉄道労働者が、それぞれストライキを行うのだそうだ。この点に関する限り、イタリアは大… 全文を読む
12月に入り、欧州ではEU関係の会合が目白押しだ。今月後半はクリスマス休暇で忙しいからだろうか。実に判り易い人々だとつくづく思う。EUだけではない。労働組合だってEU官僚と同様である。12月3日にはドイツの鉄道労働者が、5日にはイタリアの労組がそれぞれストライキを決行する。毎度のことだが、… 全文を読む
  • 1