2011年12月アーカイブ

 今週が今年最後の外交・安保カレンダーとなる。年末の日本では北朝鮮問題が最大の関心事かもしれないが、欧米では米戦闘部隊撤退後のイラク情勢に対する関心が高い。米軍が「完全撤退」した12月15日から逆にテロが増加しているからだ。  2010年3月の国民議会選挙で第一党になれなかったマーリキー首… 全文を読む
 今週は何といっても北朝鮮の金正日総書記死去の余波について考えるべきだろう。本日19日昼に発表されたらしいが、朝鮮中央通信によれば、亡くなったのは51時間前の17日朝だという。これを早いと見るか、遅いと見るかで評価は分かれるだろう。  幸か不幸か、筆者は「朝鮮半島」で飯を喰っている訳ではな… 全文を読む
 今週は12-13日の野田首相訪中から始まる、はずだった。予定されていた日中首脳会談は延期となり、日中双方とも年内の訪中実施を希望しているが、12日現在日程の再調整に成功していないようだ。  12月13日が南京「虐殺」の記念日であることは日中関係者で知らない者はいないはずだ。それを承知で日… 全文を読む
 今週もユーロ圏から始めよう。5日に独仏首脳会談がある。7日には米国のガイトナー財務長官がイタリアの新首相と意見交換する。更に、9日には欧州首脳がベルギーに集合する。当分の間ユーロ問題は一進一退を続けるだろう。  その間、日本では野党が防衛相、消費者相への問責決議案提出を考えているという。… 全文を読む
  • 1