2011年9月アーカイブ

 野田総理は、今週、国連総会出席のためにNYに滞在しています。オバマ大統領との初の会談が9月21日に行われました。21日はオバマ大統領が国連総会で演説した日であることもあり、こちらでの報道の焦点は、オバマ大統領が国連総会演説の中で述べたイスラエル・パレスチナ関係についての発言です。オバマ大… 全文を読む
 9月第1週のLabor Dayの3連休が終わると、いよいよ、夏休みももう終わりだという気持ちになる。連邦議会も夏季休暇を終了して審議を開始、7-8月は観光客以外はひっそりとしていたワシントンDCには活気が戻ってくる。  そんなLabor Dayの連休直後の9月7日、私の勤め先でもあるステ… 全文を読む
 あまり報じられてはいないが、今週の最大関心事は、現在米国とターリバーンがパキスタンの仲介で行っていると噂される秘密交渉の行方だ。本当の黒幕はアフガニスタン国内のイスラム過激派を長年支持してきたパキスタン・サウジ・UAEのはずだが、彼らは決して表に出てこない。毎度のことながら、実に困ったこ… 全文を読む
 さすがに9月下旬ともなると外交の季節到来である。国連、世銀、IMFなどの総会があるためだろうか、今週、来週は二国間、多国間協議が目白押しだ。まあ日本では新首相、新外相の外交デビューが注目なのだろうが、勿論世界の関心は別にある。  例えば、今ロシアとベラルーシが実施している共同軍事演習「U… 全文を読む
 米国では9.11の十周年となり、対テロ戦争のことばかり報じられているが、専門家の間では、もはやアル・カーイダに大規模テロ実施能力はないとの見方が有力だ。これが正しいことを心から祈ろう。 12日 EU一般問題理事会(ブリュッセル)、EU外相理事会(ポーランド・ソポト) 12日 ロシア、WT… 全文を読む
 今週は日本の新内閣誕生が注目を集めているが、世の中はそれと全く関係なく動いている。特に不気味なのはシリア情勢だ。この一週間小さな衝突が続いているが、どうも静か過ぎるようでちょっと気になる。  今週は中国軍事企業が本年2月以降もリビア・カダフィ派に武器供与を続けていたと報じられ、中国政府が… 全文を読む
  • 1